View profile

Weekly Kaggle News #107

Weekly Kaggle News #107
By Weekly Kaggle News • Issue #107 • View online
News & Competitions
Kaggle「Sartorius - Cell Instance Segmentation」が31日に終わりました。顕微鏡画像からニューロン細胞を検出するタスクでした。1位と4位で日本からの参加チームが賞金圏に入るなど、2021年の日本勢の躍進を象徴するような大晦日の結果発表でした。

Kaggle Masterのcurrypurinさんによる書籍『Kaggleのチュートリアル』の第6版が28日に公開されました。Kaggleのサイトの変更に対応した他、コンペ体験談の寄稿が3件追加されています。currypurinさんへの取材によると、日本時間の1月1日17時まで無料で入手可能です。
クリック予測問題を題材にしたデータ分析インターンの教材。データの可視化や過学習への対応など、実践的な内容が多く盛り込まれています。
Kaggle Grandmasterになるまでの7年間の軌跡 - のんびりしているエンジニアの日記
2021年にKaggle Grandmasterの称号を獲得したterekaさんによる振り返り記事。Kaggleのメリット・デメリットや今後の挑戦についても綴っています。「Kaggle Advent Calendar 2021」の最終日の記事でした。
中1生の半数が「プログラミングができる」 中高生の8割以上がプログラミングは必要なスキルと認識 | ナガセのプレスリリース | 共同通信PRワイヤー
東進ハイスクール・東進衛星予備校を運営する株式会社ナガセが、中高生のプログラミング学習に関する調査結果を報告。「競技プログラミングやKaggleに取り組む」の回答が約1%となっています。
nlp-waseda / roberta-base-japanese Copied like 4
日本語Wikipediaで事前学習されたRoBERTaが公開されました。形態素解析には「Juman++」を利用しています。同研究グループから日本語Wikipediaで事前学習されたGPT-2も公開されました。
年末年始に振り返る 2021年の人工知能10大トレンドと必読論文
2021年の深層学習関連の10つの話題をまとめた記事。大まかな流れを参考文献と共に紹介しています。
【Nishikaコンペ振り返り会】 小説家になろう ブクマ数予測 ~”伸びる”タイトルとは?
【Nishikaコンペ振り返り会】 小説家になろう ブクマ数予測 ~”伸びる”タイトルとは?
Nishika「小説家になろう ブクマ数予測 ~”伸びる”タイトルとは?~」の振り返り会が1月24日に開催されます。上位入賞者の解法発表や質疑応答が予定されています。
Did you enjoy this issue?
Weekly Kaggle News

What happened to Kaggle?

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue