View profile

Weekly Kaggle News #103

Weekly Kaggle News #103
By Weekly Kaggle News • Issue #103 • View online
News
Kaggleは11月30日(日本時間)、コンペ終了7日前からNotebookの公開を禁止する規制を検討していると明らかにしました。2018年の「TalkingData AdTracking Fraud Detection Challenge」など数年前から、終盤に公開されたNotebookを流用するだけで優れた順位が取れてしまう問題が議論されていました。現在は対応策として、自制を促す警告が表示されています。
Competitions
SIGNATE初となるシミュレーション形式のコンペ「タダノ クレーン旋回操作最適化チャレンジ」が11月30日に終わりました。クレーン旋回操作を最適化するアルゴリズムの開発に取り組みました。
Nishika「小説家になろう ブクマ数予測 ~”伸びる”タイトルとは?~」が11月29日に終わりました。ジャンルや作者名などのデータから各小説のブックマーク数を予測するコンペでした。16位の参加者による振り返り記事が公開されています。

AWSは2日、ブラウザ上の機械学習の実行環境を提供する新サービス「SageMaker Studio Lab」を無料で提供すると発表しました。セッションごとにCPUで12時間かGPUで4時間利用できます。
年末の恒例となっているKaggleに関連する「Advent Calendar」の2021年版が1日から始まりました。3日時点で25記事が登録されています。
はじめに — 機械学習帳
機械学習の理論とPythonでの実装を学べる「機械学習帳」が公開されました。東京工業大学情報理工学院での講義資料とのことです。
embeddingを用いた分析・検索・推薦の技術 - Speaker Deck
ニューラルネットワークで獲得した埋め込み表現の活用方法を紹介している資料。「KaggleライクなCI環境を構築した話」と題した発表もありました。
My Journey to Kaggle Master at the Age of 14 | by Andy Wang | Towards Data Science
14歳でKaggle Competition MasterになったAndyさんが道のりを綴った記事。取り組み方や学んだことがまとめられています。
Did you enjoy this issue?
Weekly Kaggle News

What happened to Kaggle?

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue