View profile

Revueのはじめ方:Twitterでメルマガを配信、有料サブスク設定も可能

Revueのはじめ方:Twitterでメルマガを配信、有料サブスク設定も可能
Twitterと強力に連携する無料のメルマガ配信サービスRevueが話題です。さっそく実際に1本メルマガを作成してみてわかった魅力や使い方をご紹介します。

◆ Revueとは?
『Revue(レビュー)』はウェブブラウザ上でメールマガジン(ニュースレター)を作成、配信できるサービス。HTMLやウェブデザインの知識がなくても、見出しやテキスト、画像などの要素をドラッグ・アンド・ドロップで置いていくだけでサクッと見栄えのするメルマガが作成できることが魅力です。
Revue is an editorial newsletter tool for writers and publishers
Revue is an editorial newsletter tool for writers and publishers
利用料は基本無料で、有料配信をした場合には5%の手数料が徴収されます。
◆ Revueの何がすごいのか?
『Revue』が優れている点はツイート(投稿)をサクサクと組み合わせて、メルマガのコンテンツを作成できること。例えば、1週間の出来事を振り返るメルマガを配信する場合などには、自分のツイートをポンポンと置いていくだけでコンテンツのベースがつくれます。まとまった文書を書こうとすると書き出しに困ったり、何を取り上げるか悩むことがありますが「まずはツイートを並べればOK」という流れで手軽に書き始められるのは便利ですね。
もうひとつ、『Revue』が優れているのは有料配信をした場合の手数料が5%と、とても安価であること。
一例としてご紹介すると、日本で大きなシェアを持っているメルマガ配信プラットフォーム『まぐまぐ』の手数料は50%です。
テキストの有料配信方法としては『note』のマガジンも有名ですが、ここで有料記事を販売した場合は15%手数料がかかります。
このようなプラットフォームと比べると『Revue』の手数料が非常に低額であることがわかります。『Stripe』などの決済プラットフォームを使用して自前でシステムを組んだ場合でも3.6%の決済手数料がかかることを考えれば、5%は限界に近い金額であると言えるでしょう。
◆ Revueのはじめ方
『Revue』をはじめるには、まずウェブブラウザからツイッターにログインします。
画面左のメニュー下部にある「もっと見る」をクリック
画面左のメニュー下部にある「もっと見る」をクリック
「ニュースレター」をクリック
「ニュースレター」をクリック
「Start a newsletter for free」をクリック。登録はこれだけで完了です
「Start a newsletter for free」をクリック。登録はこれだけで完了です
実際の編集画面。
実際の編集画面。
◆ まとめ
『Revue』は過去のツイートまとめ+αで手軽にメルマガコンテンツがつくれて、有料配信時の手数料が5%と安いのが魅力。
ツイッターの弱点だった「長文コンテンツを共有しづらい」「クリエイターがマネタイズできない」といった点を解決するツールとして期待できそうですね。
このメルマガの内容が役に立ったと思ったら、「👍(評価)」を押していただけるとはげみになります。
これからもテック&クリエイティブの話題を中心に知って役立つ、読んで楽しい情報をお届けしますので、ぜひ、メルマガ登録もお願いします!(画面下部の「Your Email Address」の欄にメールアドレスをご記入いただき、「Subscribe」をクリックすればOKです)
それでは、また、次の配信でお会いしましょう。
Did you enjoy this issue?
TATEレポート - The TATE Report

✋😃🤚 #Vlogger #Writer です。昔は〝バイヤーたてさん〟と呼ばれていました。下のリンクから #YouTube のチャンネル登録や #Byte #TikTok のフォローをお願いします🙏🙏🙏

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue