View profile

世界のsakéをめぐる旅で地酒に出会った話〈日本酒コンシェルジュ通信 メルマガ No.14〉

世界のsakéをめぐる旅で地酒に出会った話〈日本酒コンシェルジュ通信 メルマガ No.14〉
長いこと、海外旅行をするのが難しい状況です。コロナ禍の前には、国内だけでなく海外のsaké醸造所をたくさん訪問しましたが、いまはできません。
こうやって酒の旅をほぼしない1年が過ぎましたが、その間にそれまでの体験が頭と心の中で熟成されました。対話したことや経験には熟成期間が必要なのだなと思いました。酒と同じですね。
今回は、世界のsakéについての2つの記事と、海外で醸されるsakéのテイスティングノートをお届けします。

世界のSakéをめぐる旅
台湾・メキシコ・ブラジルの酒造りを見聞きして、現地の方と共に楽しみました。酒はどこで造られても「地酒」になるとわかった酒の旅でした。
世界のsakéをめぐる旅で地酒に出会った話
帰ってから、戦前から続く海外醸造や、今急激に増えつつあるマイクロ・ブルワリーのことをまとめました。3つ目の「現地化の時代」はいままさに沸き起こっていることです!
世界のsaké醸造の潮流について
海外で造られる酒はどんな味わい?
日本の伝統をリスペクトしながら海外で造られるsakéの多くは個性のある味わいです。まさにその土地が詰まった「地酒」なのです。
飲むと再び台中を訪れたくなる「初霧純米吟醸」世界のSakéテイスティングノート
Azuma Kirin Saquê Nama @ サンパウロ Izakaya Matsu|世界のSakéテイスティングノート
YK3 Canada 純米吟醸・純米・純米にごり|世界のSakéテイスティングノート
Zenkuro Sake 全黒|世界のSakéテイスティングノート
フランスで醸された衝撃の味わいの酒 昇涙酒造 Le Tonnerre 雷|日本酒テイスティングノート
このほかの「世界のsaké」関連記事もご覧ください。
このメルマガについて
日本酒コンシェルジュ通信メルマガを最後までお読みいただきありがとうございました。気に入ったら、ぜひお友達に紹介してください。
Did you enjoy this issue?
日本酒コンシェルジュ Umio(江口崇)

日本酒コンシェルジュがお伝えする日本酒文化の楽しみかた

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
6028233 京都府京都市上京区葭屋町通中立売上る福大明神町128