View profile

ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報 - Issue #23

はい、今日も「ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報」無料配信版です。日本より先を行く海外のコワーキング、コリビング関連の最新情報を英語メディアから月〜金の毎日1本ピックアップし、日本語の解
ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報
ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報 - Issue #23
はい、今日も「ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報」無料配信版です。
日本より先を行く海外のコワーキング、コリビング関連の最新情報を英語メディアから月〜金の毎日1本ピックアップし、日本語の解説をつけて配信します。
さて今回は、コワーキングは必ずしも部屋の中でするとは限らないという、ちょっと軽めの話題を。ぜひ、リンク先の元記事ページを開いて写真もご覧ください。彼ら、マジです。ではどうぞ。

Parking Spots Turned Into Co-Working Spaces In San Francisco — Pop-Up City
サンフランシスコでパーキングスポットがコワーキングに
【サマリー】
アップルやヒューレット・パッカード、アマゾンがシリコンバレーのガレージからスタートして数十億ドル起業になったのは周知のこと(※…と冒頭にあるけれどAmazonはシアトル発祥)。しかし、昨今の家賃高騰のせいで次世代のテック企業は路上のパーキングスポットから現れるかも。
サンフランシスコのオフィスやコワーキングスペースは、家賃や利用料金が殊の外高くつく。そこで、サンフランシスコ在住のコーダー、Victor Pontis氏はパーキングスペースを仕事場にしてしまうというイベントを起ち上げた。名付けて、WePark
彼がTwitterでアナウンスしたところ、4日後には30人以上が集まった。
料金(※というか、参加費)は駐車料金の1時間2.75ドル。今や近隣の多くの人々と共に低料金のソリューションとして屋外のコワーキングスペースを実践している。
これが結果的に市内の広大なスペースを占め、そしてたいして市民の役にも立っていな駐車スペースを有効活用することになっている。
WeParkはフランスのトゥールーズやサンタモニカでもイベント開催するきっかけを作り、その牽引力も増す勢い。
Pontis氏はこの活動をもっと広げたいと考えており、Slackでも参加者のためのチャネルを開設し、例えば、強力なWiFi環境がありトイレや噴水のそばで設営することなど、イベントの改善ポイントについて意見交換している。
この活動は、他のパークレット(※後述)と同じく、行政が駐車スペースをどう割り当てるかを再検討する必要があると強く示唆。
駐車スペースを市民の活動のために他のものに変換することは、継続的な未来を創造するための方向を指し示すひとつのステップになる。
【メモ】
一見、笑い話みたいだが、示唆することが多い話題だ。この記事を掲載しているPop Up Cityというメディアは、SDGs(持続可能な開発目標)に通じる継続可能なアーバンライフの実現が主なテーマで、今回の無駄に使われていない駐車スペースの再利用もちゃんとその趣旨に則っている。決してギャグではない。
文中、現れる「パークレット」だが、アメリカでよくあるクルマ1〜2台分のスペースをちょっとした休憩、憩いの場にしたものを言う。こちらの記事が詳しいので参照されたい。
つまり、すでにパークレットという前提事例があるわけだが、そこにデスクを置いて仕事をするという発想が、いかにもリモートワーカー。
日頃、あまり使われていないものを共用することで提供者と利用者の双方に価値を生むのがシェアリングエコノミーの本質だが、これもそのひとつ。
駐車スペース以外にも、あまり有効に使われていないスペースをコワーキングに転用できないかと考えるのは、もちろんありだ。
例えば、ハイエンドのレストランはランチなどあまりやらないが、しかし、その時間帯はまったく価値を生んでいない、要するにアイドルタイムになっている。
そこに目をつけて、場所だけを借りて昼間だけ(だいたい9時〜17時)の文字通りポップアップ・コワーキングを開設しているのがニューヨーク発祥の Spacious や KettleSpace だ。少々前に書いたブログだが今でも結構アクセスあるので、ぜひこちらも参照されたい。
あるいはお寺の一室でコワーキングをされているところもある。これはその住職兼エンジニア兼コワーキングスペースオーナーの方に書いていただいた記事。非常に参考になる。
他にも工夫次第でワークスペースになりうる場所は考えればいろいろありそうだと気づく。むしろ、必ずしも「オフィス」然としている必要は、実はない。リモートワークの本質は「どこででも仕事する、できる」ということだが、その要求さえ叶えられればどこでもいい(と言い切ってしまう)。
そういえば以前はよく、屋外で「外ワーキング」と称して、ノートパソコンを開いて仕事したりした。
ちなみにこれは、昨年の5月に福井県の若狭和田のビーチで「ビーチコワーキング」をやったときのひとコマ。あまりに気持ちいいので仕事にはならなかった。
福井県若狭和田でのビーチコワーキング
福井県若狭和田でのビーチコワーキング
もしかしたら、あなたの周辺にも転用することでコワーキングになるスポットがあるかもしれない。ちょっと、あたりを見回してみよう。
Editor's Note
▶今回も最後までお読みいただき有難うございます。こういう軽めの話題もときおり紹介していきたいと思います。きっと、何かのヒントになるはずです。次号は月曜日配信です。
▶本ニュースレターの著作権は発行者・執筆者に帰属し、無断転載することを禁止します。各種コンテンツに転載する場合は事前に当方までご連絡下さい。
▶有料の【プレミアム版】を購読されるメンバーさんには、コワーキング&コリビング&コワーケーションに関するご相談に可能な範囲で無料で対応しています。掲載記事から思いついたことや「もうちょっと詳しく知りたい」ということ、今現在取り組んでおられること、計画されていることなど、なんでも結構ですのでお気軽にメール返信にてご相談ください。
Did you enjoy this issue?
ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報

【配信停止中】「ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報」

以後、下記ページで記事を掲載してまいります。
ぜひ、フォローしてください!

ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報|カフーツ伊藤|note
https://note.mu/kanzan10to9/m/mb5e6c0e4a22d

If you don't want these updates anymore, please unsubscribe here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
2-1-17-101, Tamon-dori, Chuo-ku, Kobe, Hyogo, JAPAN 650-0015