View profile

#4 (←はトークンではありません)

d_date
d_date
#iwillblog はいつの間にか会場のWi-Fiのパスワードから人々を熱狂させるiOSDCチャレンジトークンとなりました。

#iwillblog
無事iOSDC JAPAN 2021での登壇を終えることができました。DiscordやTwitter、ニコニコ生放送で一緒にわいわいしてくださったみなさんありがとうございました。お楽しみいただけましたでしょうか。
今回のトークのスライドとサンプルコードはこちらです。
GitHub - d-date/SwiftPMProjectExample:
ぜひ率直なフィードバックをお送りください。すでにブログに感想を書いてくださった方々も多く、にやにやしながら読んでいます。
立木文彦さんに名前を呼ばれたトークはニコニコ動画のタイムシフト、後日YouTubeでご覧いただけます。
とてもうれしかったツイートがこちらです。技術顧問を2年続けてきた成果ですね。
Kosuke Ogawa⛅アルエンジニア🏝宮崎 on Twitter:
アンカンファレンスもやったよ
nextstep.fmで@k_katsumiさんと一緒に@sonson_twitさんをそそのかしてアンカンファレンスを開催しました。
iPhoneOS 1.0のころのソースコードを覗いて、UIHardwareて何?って言ってみたり、@kateinoigakukun が昔のMacOSにXcode 4を入れて持ってきたり、@niwさんのアドバイスで一行直したらビルドが通ったり…などみんなで古き良きObjective-Cを懐かしみながら2tchの再興を喜びました。
3人とも何かしらで賞品をいただいたので何かやりたいと思います。ぜひnextstep.fmも聴いてください。
わたしとiOSDC
ところで、6回iOSDC JAPANに参加してきて、初めてトークで賞をいただいたのは感慨深いものがあります(飲酒可の消毒アルコールがくるらしいので、玄関で体内外から消毒していきたいと思います)。
まだコミュニティに関わり始めて本当に日が浅かった6年前、練馬で2日間参加していました。当時はトラックは2つ。その時ベストスピーカー賞を受賞した @inamiy さんの Reactive State Machineのトークは本当に面白くて、いつか自分も登壇してみようと思った記憶があります。
iOS Developers Conference Japan 2016
iOSDC JAPANの懇親会というのは別で申し込みが必要でした。初参加でそれを知らなかったわたしは懇親会に参加することができず、「懇親会リジェクト懇」という非公式イベントを身内で開催しました。これがきっかけで仕事につながったりしたので本当にやってよかったし、思えば、その後自分で非公式イベントを開催する、というマインドにつながったのだと思います。
それ以降、それまで関わることがなかったコミュニティのみなさんと会えるのが楽しくて、勉強会に参加する回数がどんどん増えていきます。スピーカーが公募のときは、できるだけ登壇枠に応募して、仕事が終わって家に帰ったら資料をつくる、という生活をしていました。登壇を繰り返していると、色んな方が話かけてくれて、友達がたくさんできました。勉強会には懇親会があって、飲みながら技術の話をするというのが当たり前でした。コロナ禍の今では考えられませんね。
2017年は全員が会するあの広い会場で発をする爽快感がほしくてLTにチャレンジします。
2018年の最終日はtry! Swift NYCにスピーカーで参加するために渡米する多忙ぶり。確か初日はDevFestで登壇してからiOSDCに向かったような気がする。
iOSDC JAPAN 2018 で登壇しました|Daiki Matsudate|note
色々あった2019年。
iOSDC JAPAN 2019でLTしました|Daiki Matsudate|note
2020年はカンファレンスのキャンセルに疲れ果てていて登壇はせず、ひたすらツイートしてたらTシャツをもらいました(Blog書いてなかった)
そして今年2021年はすごく手応えのあるトークができて、面白いと思ってもらえることができてよかったです。
いろんなスピーカーの姿を見て、来年は登壇してみたいと思う方が増えるといいですね。
来年も面白そうな登壇ネタが見つかるといいなと思いながら日々の開発に励みます。
すごく真面目な内容になった。運営のみなさんありがとう。
それでは。
#iosdc #iwillblog #seeyounextyear
Did you enjoy this issue? Yes No
d_date
d_date @d_date

急に購読者が増えてドキドキしています

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Created with Revue by Twitter.