おうちで西洋美術

By フランス政府公認ガイド 濵口謙司

💁🏻‍♂️ヨーロッパやアメリカの絵画や彫刻などの美術作品や建築物を紹介しています。 📩ニュースレターの登録(無料)は下記のフォームにメールアドレスを入力後、Subscribe nowのボタンをクリック。確認のメールが送付されるので、受信後にメール内のConfirm subscription nowのボタンを押すと登録完了となります。

💁🏻‍♂️ヨーロッパやアメリカの絵画や彫刻などの美術作品や建築物を紹介しています。

📩ニュースレターの登録(無料)は下記のフォームにメールアドレスを入力後、Subscribe nowのボタンをクリック。確認のメールが送付されるので、受信後にメール内のConfirm subscription nowのボタンを押すと登録完了となります。

By subscribing, you agree with Revue’s Terms of Service and Privacy Policy and understand that おうちで西洋美術 will receive your email address.

10

issues

#10・

おうちで西洋美術 - #10

スペース・インベーダー (Space Invador)

 
#9・

おうちで西洋美術 - #9

アデル・アブデセメド「頭突き」(2012年)

 
#8・

おうちで西洋美術 - #8

マン・レイ「黒と白」(1926年)

 
#7・

おうちで西洋美術 - #7

ピノー・コレクションのはじまりグッチ、イヴ・サン・ローラン、プーマ・・・どのブランドも一度は聞いたことがある名前かと思います。実はこれらは全てケリングというファッション業界の大手企業体によって運営されています。このケリングの創業者が、前述のフランソワ・ピノー氏で世界でも有数の資産家でもあります。実業家として大成功を収めた彼はフランス北西部ブルターニュ地方にあるトレヴェリアンという小さな町で1936年に生まれました。16歳で故郷を離れ、林業などで成功を収め、1999年には高級ブランドへと事業をシフトしていきました。…

 
#6・

おうちで西洋美術 - #6

ドミニク・アングル「玉座のナポレオン(1806年)」

 
#5・

おうちで西洋美術 - #5

パリのノートル・ダム大聖堂の火災から2年2019年4月15日にパリのノートル・ダム大聖堂を襲った火災から2年が経ちました。先週はフランスのテレビニュースで連日この話題を取り上げていました。ノートル・ダム大聖堂は世界的に知られるパリの観光名所でもありますが、数あるフランスの歴史において重要な出来事の舞台でもあります。ナポレオン1世の戴冠式が行われた場所でもあり、ヴィクトル・ユーゴーの小説でも知られます。火災から2年が経った現在のノートル・ダム大聖堂は、19世紀に作られた尖塔の倒壊によって揺らいでいた建物そのものの安…

 
#4・

おうちで西洋美術 - #4

今回から不定期でフランスの美術や建築に関するニュースをご紹介していきます。

 
#3・

おうちで西洋美術 - #3

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー「雨、蒸気、速度―グレート・ウェスタン鉄道(1844年)」

 
#2・

おうちで西洋美術 - #2

こんにちは。フランス政府公認ガイドの濵口謙司です。

 
#1・

おうちで西洋美術 - #1

こちらのコーナーでは毎週ヨーロッパやアメリカなどの美術作品を一つ取り上げ解説していきます。