他人(ヒト)は他人、自分は自分。

#35・
46

issues

Subscribe to our newsletter

By subscribing, you agree with Revue’s Terms of Service and Privacy Policy and understand that Ryotaro Konishi Journal will receive your email address.

Ryotaro Konishi Journal
他人(ヒト)は他人、自分は自分。
By Ryotaro Konishi • Issue #35 • View online
昨日・一昨日と配信ライブのプログラムがすごく評価が高くて「ようやく自分たちのパターンをみつけた」という手応えを持ちました。もう最終日前夜で、今日の21時半スタートのパフォーマンスが終われば、明日のファイナルをもって配信ライブキャンペーンも終了してしまいますが、ここで培ったノウハウがこれからのレーベル活動の大切な礎になると確信しています。ずっとついてきてくれた方は、本当にありがとう。
最終日前夜である本日のセミファイナルデイ。是非生放送で会いたいです。参加してください。今日は筋トレの結果発表もいたしますのでw

【企画最終日前夜】歌い倒しつつ筋トレの成果報告するよ
僕のファンにはいないと思うのですが、今朝反面教師にするにはぴったりの人物を目撃した時に気づいたことをシェアします。
どんなことが自分の身に降りかかろうともその原因は自分に求めるべきです。なぜなら、自分に矢印を向けてしまえばすぐにその瞬間に原因を改善できるから。
誰かに足を引っ張られて挑戦が失敗に終わる。これは自分のせいですか?足を引っ張った人のせいですか?
足を引っ張っる人と一緒にやり続けることを選んだ自分が悪いんですよ。足を引っ張ることになってしまった原因を共に探さなかったことが悪いんですよ。改善のために尽力しきれなかったことが悪いんですよ。責任を負う覚悟がなかったから悪いんですよ。その選択をし続けた自分が悪いんですよ。
でも人間ってのは自己防衛本能が本質を見失わせて責任転嫁して、罪を認めないでいられる思考や立場をとり始めます。もちろん足を引っ張った者にも非が当然あるでしょう。でも、だからなんですか?相手に非を認めさせたら結果が出るんですか?出てしまった結果が変わるんですか?何も変わらないはずです。時間の浪費で無駄の極みです。そんなことで守れるものは何もないですよ。
責任を負ってそれでも尚開花を共に目指す意思決定。直ちに縁をきる意思決定。だらだらと現状を続ける意思決定。どれもその手のうちにあり、どれもが自分の意思決定によってもたらされた現実です。
つまり結局のところ自分の責任なんです。他人(ヒト)は他人、自分は自分としてそれぞれがそれぞれに自分に矢印を向けて現状を打破し続けることが、結果をもたらす唯一の秘訣であり、最善のパートナーシップです。
自分が自分で処理できない憤りや弱さを、誰かや何かのせいにする人間にはならないようにすると、きっと未来は変わると思います。
Did you enjoy this issue?
Ryotaro Konishi

アニメーターとコラボした映像&音楽作品が第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、ニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。

グラフィックアーティストとしても活躍し、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務める。人気アパレルブランドへのアート提供。韓国アパレルメーカーへのアート作品提供など、独自の世界観が注目される。

その後、より広範な選択肢を得るためには資金が必要だと起業を決意。紆余曲折を経て年商30億を誇るクリエイティブ関連グループ企業体を創り上げ2017年、代表を引退。0から1をクリエイトするライフスタイルの追求の為、日本からタイのプーケットに移住する。

独自の音楽レーベルを設立しPayforward名義で自身の音楽プロジェクトの創作活動を開始。コンポーザーとシンガーを兼任する。活動開始後フリー音源が話題になり新人では異例の渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴを超満員で大成功させる。独自性ある活動は高く評価され映画化が決定し、劇場公開された。

2018年7月にはファースト・ ミニアルバム「Inflation」をリリース。渋谷のタワーレコード、HMV、TSUTAYA 各店にて新人アーティストでは前例ない大展開が組まれ、リリース当日には渋谷 MODI にてインストアライブを開催。数百人のオーディエンス が詰めかけるほどの大盛況となり、ライブが始まるや否や「# ぺイフォワ」のワードが Twitter のトレンド入りを 果たすなど大きな賑わいぶりを示した。

ROCKIN’ON JAPAN や bounce でのインタビュー掲載や日本テレビ系列の 音楽番組「バズリズム02」へ4週連続出演するなど、各メディアに「まるで短編映画でも観ているかの様な独特の 哲学的詩世界が痛烈に刺さる涙腺崩壊必至の極上ポップアルバム」と称され話題となる。

その後2019年12月にPAYFORWARDからRyotaro Konishiへと名義を変更し『ONE』を全世界185ヶ国でリリース。Yahoo!ニュースをはじめ数十のメディアで取り上げられる。

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Phuket, Thailand.