View profile

人生から辛いことが消え去る考え方

Ryotaro Konishi Journal
人生から辛いことが消え去る考え方
By Ryotaro Konishi • Issue #28 • View online
32日間連続配信ライブで4月17日にリリースするニューシングルのPR活動をしているわけなんですが、2/3を経過して配信開始当初何時間も戸惑っていたことがものの数十分でできてしまうようになってきた技術チーム。
どうしたら視聴体験を最高のものにできるかを考え、全力を尽くし実現していくその成長度は凄まじいものがあり、3週間前とはまるで別人かのような立派な姿を見せてくれています。
もしこの挑戦の機会を作らなかったら・・・与えなかったら・・・きっと今のこのチームの成長は有りませんでした。あるいは数ヶ月、数年かかっていたかもしれません。
多くの場合、人が辛いと感じるのは「出来ないことへ強制的に対峙しなければならない瞬間」だと思います。僕も筋トレを始めた当初、ペラッペラの体であげたこともないベンチプレスに対峙した時の身体的、精神的ストレスはすごかったのを覚えています。
仕事で言えば、わからないことでも成果をあげなければならない瞬間(今回の技術チームの仕事はまさにそういうミッションがあったわけです)や、自分の想定を上回るコミットメントを達成しなければならないような時かもしれません。
強いストレスに晒されると人は逃げ道を探します。そして1度ストレスを感じると、萎縮し恐怖し、無意識に拒絶反応がおこったりします。
でも僕はそんな時ほど視点を変えることをおすすめします。なぜなら人間の価値はそこであがるからです。「できなかったこと」が「できるようになる」その過程こそが成長であり、人間としての進化だからです。出来ることが数多ければ多いほど、需要は高まり価値が上がります。
もしも僕らが出来ないことをできないままにするような生物だったら、現代のような社会や生活は生まれていませんでした。いつまでも衣食住に困っていただろうし、当然空も飛べなければ海も渡れなかったはずです。
だから、辛いと感じるアクションが生活に起こったなら、それは成長のチャンスであり、進化のチャンスです。人間としての価値があがり、同時に社会に価値が生まれます。辛いと感じることがないなら、成長も進化もしておらず、ただ日常を息を吸って吐くだけで終わらせている廃人です。しかも、誰かの餌になるわけでも役に立つわけでもないので家畜にもなりません。
辛いことを「成長」や「進化」の過程に必然的に生まれる指標だと考えると、僕は途端に「辛い」と思っていたことが「やる気」に変わりました。死に間際、誰より厚みのある男でいたい、魅力的に輝きを放っていたいと思っているので、成長や進化を心のそこから喜びとしているからです。
この発想や視点に切り替えると、僕は途端に人生から辛いことが急減したように感じました。結果が顕在化するまでにはそれなりの時間がかかりますが、自分の小さな変化に目をむけてしっかり観察してあげることで成長や進化を感じられるはずです。
「辛い」は「成長・進化」のチャンスです。
それでは、本日も21時半から配信ライブで会いましょう^^

アコースティックライブセクション有り!本日も21時半スタート
Did you enjoy this issue?
Ryotaro Konishi

アニメーターとコラボした映像&音楽作品が第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、ニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。

グラフィックアーティストとしても活躍し、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務める。人気アパレルブランドへのアート提供。韓国アパレルメーカーへのアート作品提供など、独自の世界観が注目される。

その後、より広範な選択肢を得るためには資金が必要だと起業を決意。紆余曲折を経て年商30億を誇るクリエイティブ関連グループ企業体を創り上げ2017年、代表を引退。0から1をクリエイトするライフスタイルの追求の為、日本からタイのプーケットに移住する。

独自の音楽レーベルを設立しPayforward名義で自身の音楽プロジェクトの創作活動を開始。コンポーザーとシンガーを兼任する。活動開始後フリー音源が話題になり新人では異例の渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴを超満員で大成功させる。独自性ある活動は高く評価され映画化が決定し、劇場公開された。

2018年7月にはファースト・ ミニアルバム「Inflation」をリリース。渋谷のタワーレコード、HMV、TSUTAYA 各店にて新人アーティストでは前例ない大展開が組まれ、リリース当日には渋谷 MODI にてインストアライブを開催。数百人のオーディエンス が詰めかけるほどの大盛況となり、ライブが始まるや否や「# ぺイフォワ」のワードが Twitter のトレンド入りを 果たすなど大きな賑わいぶりを示した。

ROCKIN’ON JAPAN や bounce でのインタビュー掲載や日本テレビ系列の 音楽番組「バズリズム02」へ4週連続出演するなど、各メディアに「まるで短編映画でも観ているかの様な独特の 哲学的詩世界が痛烈に刺さる涙腺崩壊必至の極上ポップアルバム」と称され話題となる。

その後2019年12月にPAYFORWARDからRyotaro Konishiへと名義を変更し『ONE』を全世界185ヶ国でリリース。Yahoo!ニュースをはじめ数十のメディアで取り上げられる。

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Phuket, Thailand.