View profile

だから僕らは今すぐ動き出すべきなんだ。

Ryotaro Konishi Journal
だから僕らは今すぐ動き出すべきなんだ。
By Ryotaro Konishi • Issue #11 • View online
断食も今日で5日目です。もうすぐ144時間経過になります。そして32日間連続開催の毎日の配信ライブも今日で5日目となります。

実は毎日の配信ライブの制作も、裏側では様々なドラマがあります。その裏側はインスタストーリーでご覧いただけるので是非フォローしてください。そして本日21時半開催の配信ライヴも是非ご覧ください。人生の転換点となる何かをあなたの中に打ち込めるようにと心を込めて演じています。

Ryotaro Konishi Official Instagram
【21時半からスタートです】※こちらをクリックしてください。
ね?紆余曲折ドラマがある中で少しずつ確実に成長しカタチをなしているんです。完璧じゃなくてもまずはやってみる。やっていく中で答えを掴んでいけばいいと思っています。

人間の生まれ方はほぼ1通りですが、死に方は無限です。どんな死に様を迎えるか、いつも僕はそれを考えていて、納得いく死に際を迎えられるなら今の恥など恥に値しない、むしろ挑戦者のステータスだと考えるようになりました。

だからYouTubeで運営しているプライベートチャンネルもそうですしSNSでは包み隠さず全てをガラス張りで公開することにしたんです。いい瞬間をトリミングするご時世に、僕は弱き自分をさらけ出すことを積極的に行なっています。※実はそれが自分のプライドを撃ち壊す役目も果たしてくれています
だから僕らは今すぐ動き出すべきなんだ。
新しいことにチャレンジしようとすると、僕も無意識に「考えすぎ」たりします。これは、安心領域と呼ばれるコンフォートゾーンへ引き戻そうとする慣性の法則が働きかけている証拠です。

考えすぎることで、腰が重くなったり行動が鈍ったりします。机上の空論ばかりが一人歩きして、うまくいかなくなる計算を頭の中のそろばんが弾き出そうとします。

でもそもそも新しいチャレンジなので、知らないことの方が多く、机上の空論をいくらかざしても机上の空論なんです。大事なことは理念とビジョンを持ってそこに向けて動き出すことです。

理念とビジョンさえあれば指針は定まっています。だから、動き出すことですこしずつ見えてくる道が結果として最終的にビジョンを達成する方向へ導いてくれます。

新しい挑戦に過剰な思考や戦略は必要ありません。とにかく今わかる範囲でいいからゴールだけ見失わずに動き出す。動き出せば次の必ず扉が現れます。直線的な道のりを歩けなかったとしても理念とビジョンだけポケットに突っ込んで動けば前進します。

机上の空論を振りかざして動かなかったら、前進しません。でも僕らの人生には慣性の法則が働いていて、それが新しい挑戦に対して必要な新しい視点を隠して視野を狭めます。

だからこそ強行突破して、見えなかったことを見えるように走り出す。動くことで現れる扉を次々と開いていくことが大事です。それこそが人生を推し進めます。

時間は何をしてても進み続けます。だから停滞は退化です。僕らは人生を通じて進化すべきです。だから今日今この瞬間だって、ちゃんと前進していかなくちゃいけません。

僕らの32日間連続配信ライブも暗闇を駆け抜けるための目隠しの疾走です。でも、この32日間が必ず新しい答えを導いてくれることを知っているから、今日も僕は走ります。

あなたに今日、そんなメッセージを30分間のショーを通じて伝えられたらと思います。それじゃ、21時半に!
Did you enjoy this issue?
Ryotaro Konishi

アニメーターとコラボした映像&音楽作品が第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、ニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。

グラフィックアーティストとしても活躍し、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務める。人気アパレルブランドへのアート提供。韓国アパレルメーカーへのアート作品提供など、独自の世界観が注目される。

その後、より広範な選択肢を得るためには資金が必要だと起業を決意。紆余曲折を経て年商30億を誇るクリエイティブ関連グループ企業体を創り上げ2017年、代表を引退。0から1をクリエイトするライフスタイルの追求の為、日本からタイのプーケットに移住する。

独自の音楽レーベルを設立しPayforward名義で自身の音楽プロジェクトの創作活動を開始。コンポーザーとシンガーを兼任する。活動開始後フリー音源が話題になり新人では異例の渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴを超満員で大成功させる。独自性ある活動は高く評価され映画化が決定し、劇場公開された。

2018年7月にはファースト・ ミニアルバム「Inflation」をリリース。渋谷のタワーレコード、HMV、TSUTAYA 各店にて新人アーティストでは前例ない大展開が組まれ、リリース当日には渋谷 MODI にてインストアライブを開催。数百人のオーディエンス が詰めかけるほどの大盛況となり、ライブが始まるや否や「# ぺイフォワ」のワードが Twitter のトレンド入りを 果たすなど大きな賑わいぶりを示した。

ROCKIN’ON JAPAN や bounce でのインタビュー掲載や日本テレビ系列の 音楽番組「バズリズム02」へ4週連続出演するなど、各メディアに「まるで短編映画でも観ているかの様な独特の 哲学的詩世界が痛烈に刺さる涙腺崩壊必至の極上ポップアルバム」と称され話題となる。

その後2019年12月にPAYFORWARDからRyotaro Konishiへと名義を変更し『ONE』を全世界185ヶ国でリリース。Yahoo!ニュースをはじめ数十のメディアで取り上げられる。

If you don't want these updates anymore, please unsubscribe here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Phuket, Thailand.