View profile

【解説と設問を発表】肉食による地球温暖化を抑止【SDGs英語ニュースについて議論する】第32回 9/24(土)10時@オンライン

【英語で学ぶ現代社会】
【解説と設問を発表】肉食による地球温暖化を抑止【SDGs英語ニュースについて議論する】第32回 9/24(土)10時@オンライン
By Global Agenda • Issue #249 • View online
グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。
「SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第32回を9/24土)10時@オンラインで開催します。このワークショップの解説と設問を発表します。
今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」には含まれていませんが「NZが牛や羊からの排出ガスに課税を検討」について議論します。記事はVOAの「New Zealand May Put Price on Emissions from Cows and Sheep」を利用します。この記事はSDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」に対応しています。また記事はWebで読むことができますので、書籍を持っていない方もぜひ、ご参加ください。以下新ワークショップの案内です。

ワークショップ第32回「肉食による地球温暖化を抑止」のご案内
「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの13番目の目標「気候変動に具体的な対策を」です。
13.気候変動に具体的な対策を | SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
人間よりも羊の数のほうが多いといわれるニュージーランド。しかし、畜産国として知られるこの国で、牛や羊などの家畜の所持への課税が検討されているというニュースが入ってきました。地球温暖化と人口増でいよいよ「食糧危機」がやってくるかもといわれていますが、食料の生産・輸送・消費・廃棄自体も大変なエネルギーを使用します。なかでも肉食は家畜から出されるメタンガスなど環境への負荷が大きく、その見直しが始まっています。
気温の上昇は食料の収穫量を減少させるリスクがある一方で、食料システム自体も温室効果ガスを排出しており、食料の生産・加工・流通・調理・消費・廃棄の過程から排出される温室効果ガスは、全世界での排出量全体のうちおよそ3分の1を占める。
肉食と地球温暖化 ~肉類を控える風潮とフードテックの可能性~ | 牧之内 芽衣 | 第一生命経済研究所
肉食と地球温暖化 ~肉類を控える風潮とフードテックの可能性~ | 牧之内 芽衣 | 第一生命経済研究所
最近では日本でも、スーパーで代替肉をよく見かけるようになってきました。明治以降、肉食が定着した日本ですが、食料を輸入に頼っているわが国でも食用肉の削減は「食料安全保障」と環境面から検討すべき事項です。今回は肉食と気候変動について英語で議論します。このワークショップの詳細は以下の通りです。
日時: 2022年9月日24土)10時~11時30分
場所: オンライン
定員: 10名程度まで
費用: 初回または見学のみ: 800円~
教材は以下のHPでご確認ください。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。
New Zealand May Put Price on Emissions from Cows and Sheep
New Zealand May Put Price on Emissions from Cows and Sheep
チケット
チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。
肉食による地球温暖化を抑止【SDGs英語ニュースについて議論する】第32回 9/24(土)10時@オンライン - パスマーケット
グローバル・アジェンダ|神戸・大阪|問い合わせ |
その他詳細は以下の記事からご確認ください。
肉食による地球温暖化を抑止【SDGs英語ニュースについて議論する】第32回 9/24(土)10時@オンライン|Global Agenda|note
解説
スタンフォード大学とカリフォルニア大学バークレー校の科学者たちが開発した新しい経済モデルによると、畜産を廃止することは、「気候変動の軌道を逆転させるための最善かつ最も迅速に結果を出せる手段」であるそうです。
Phasing out animal agriculture represents “our best and most immediate chance to reverse the trajectory of climate change,” according to a new model developed by scientists from Stanford and the University of California, Berkeley.
Could going vegan help reduce greenhouse gas emissions?
Navigate to COP26: Promise and limits of vows to rein in methane and protect forests
オープン・アクセスのジャーナルに発表された論文によると「今後 15 年間に畜産を廃止すれば、2100 年まで に二酸化炭素の排出を 68%削減するのと同じ効果が得られる。これは、地球温暖化を産業革命以前の水準から摂氏2度までに抑えるために必要な純排出削減量の52パーセントを提供することになる」といいますから、できるだけ早く、いわゆる菜食主義に移行することは我々が取るべき進路のように見えます。
ここから先は、ワークショップの参加者とオンライン・サロン会員、以下の記事購入者に送付します。
【解説と設問を発表】肉食による地球温暖化を抑止【SDGs英語ニュースについて議論する】第32回 9/24(土)10時@オンライン|Global Agenda|note
Did you enjoy this issue?
Become a member for $9 per month
Don’t miss out on the other issues by Global Agenda
 Global Agenda

ニュースレター【英語で学ぶ現代社会】はGlobal Agendaが運営するイベント・英語ワークショップの案内(無料)及び解説と設問(有料:発展編)を加えた記事を配信しています。主要な英語メディアで発表される現代社会のターニングポイントになるような重要なニュース記事・論説文を理解するための手助けとしてご利用ください。購読は無料です(無料記事が届きます)。

また、有料ニュースレターの購読会員(メンバー)はワークショップの解説&設問記事を毎回受取れる他、月1回、ワークショップやイベントに割引価格でご参加いただけます。有料版の会費は月9ドルです。無料会員は今まで通り、通常記事は無料で閲覧できます。過去記事はこのサイト・トップページからご確認ください。(https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe)

Global Agendaは神戸を拠点にグローバル社会で必要な政策・市場調査、コンサルティング、教育研修に特化したサービスを提供しています。また、政治経済・社会問題、ESG、グローバル経営、文化・教育等について英文記事&資料を利用した英語ワークショップ&異業種交流会、アカデミック・ライティング講座を主宰しています。

You can manage your subscription here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Global Agenda 〒650-0011 神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9F