View profile

[解説と設問を発表]ファッション産業と環境保護【SDGs英語ニュースについて議論する】第28回 8/20(土)10時@オンライン

【英語で学ぶ現代社会】
[解説と設問を発表]ファッション産業と環境保護【SDGs英語ニュースについて議論する】第28回 8/20(土)10時@オンライン
By Global Agenda • Issue #235 • View online
グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。
SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第28回を8/20(土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」の中の記事「ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用」について議論します。記事はVOAの「Clothing Designers Reusing Materials to Save Environment」を利用します。この記事はSDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」に対応しています。また記事はWebでも読むことができますので、書籍を持っていない方もぜひ、ご参加ください。このワークショップの解説と設問を発表します。以下新ワークショップの案内です。

ワークショップ第28回「ファッションデザイナーたち、環境保護のために素材を再利用」のご案内
「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの12番目の目標「つくる責任 つかう責任」です。
“生産者も消費者も、地球の環境と人々の健康を守れるよう、責任ある行動をとろう”
12.つくる責任、つかう責任 | SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
私もつい先日参加したワークショップで再認識したのですが、ファッション・アパレル業界は世界第2位の環境汚染産業であるだけでなく、綿花の栽培に児童労働が使われたり、縫製工場などで多くの人権侵害が行われているといいます。アパレル産業が引き起こす環境問題に関しては、朝日新聞の記事が詳しく解説しています。
「世界2位の環境汚染産業」。アパレル業界は、国連貿易開発会議(UNCTAD)にそう指摘されています。衣服をつくって売るには、素材や原料の生産、紡績、染色、裁断、縫製、輸送、販売といった幾つもの工程が必要で、廃棄も含めて環境にダメージを与えることが多々発生しているためです。
世界2位の環境汚染産業 ファッション業界の地殻変動 繊維製品の回収も拡充へ 
現在、日本で販売される衣料の90%は輸入ですが、その衣料品の製造過程で、大量の資源が使われているだけでなく、大半の労働者が先進国では到底許されない過酷で危険な労働条件のもと働いていることを告発したドキュメンタリー映画が「THE TRUE COST」です。
欧米で話題、ファッション産業の闇に迫ったドキュメンタリー映画「THE TRUE COST」が日本で初上映
映画は2013年に起きたダッカの縫製工場崩壊事故(死者1,127人、行方不明者約500人、負傷者2,500人以上)をきっかけとして製作されたそうです。
作中では、先進国で服が溢れ、企業が利益を上げる一方で、途上国の労働者が置かれる状況が一向に改善しない不条理を問い、消費者の物欲を過度にあおる広告や安価な商品を叩き売るファストファッションブランドなど、利益至上主義の企業を生み出した現行の経済システムを痛烈に非難
30年前と現在では、ファッション産業は激変していますが、多くの消費者は業界とSDGsの関係性について、あまりにも無知です。私たちの生活にかかわりの深いファッションがどのように環境・人権に影響しているか、一緒に考えてみませんか。このワークショップの詳細は以下の通りです。
日時: 2022年8月20日(土)10時~11時30分
場所: オンライン
定員: 10名程度まで 費用: 初回または見学のみ: 800円~
教材は以下のHPでご確認ください。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。
Clothing Designers Reusing Materials to Save Environment
チケット
チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。
ファッション産業と環境保護【SDGs英語ニュースについて議論する】第28回 8/20(土)10時@オンライン - パスマーケット
銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。
グローバル・アジェンダ|神戸・大阪|問い合わせ |
その他詳細は前回の記事でご確認ください。
ファッション産業と環境保護【SDGs英語ニュースについて議論する】第28回 8/20(土)10時@オンライン|Global Agenda|note
解説
2021年11月に世界銀行は2021/2022年度のバングラデシュの実質GDP成長率を6.4%と発表しました。
世界銀行は2021/2022年度のバングラデシュの成長率を6.4%と予測(バングラデシュ) | ビジネス短信 ―ジェトロの海外ニュース - ジェトロ
著しい経済成長を遂げているバングラデシュは「世界の縫製工場」と呼ばれています。一方でその成長を支えているにもかかわらず、その恩恵をほとんど受けず、身を削りながら働ている女性たちがいます。近年、ファスト・ファッションの醜い裏側を暴いた映画が次々製作されていますが、映画『メイド・イン・バングラデシュ』もそのうちの一つです。
1枚数千円で売られるファストファッション。低価格かつトレンドをおさえたデザインで多くの人に親しまれている。だが、ファストファッションがなぜ安いのかといえば、それは製造者たちが極端な低賃金で働かされているからだ。
「Tシャツ3枚分の月給」で1日1600枚のTシャツを作る女性たち。グローバル経済の不均衡を前に私たちにできること
「Tシャツ3枚分の月給」で1日1600枚のTシャツを作る女性たち。グローバル経済の不均衡を前に私たちにできること | ハフポスト アートとカルチャー
ここから先は、ワークショップの参加者とオンライン・サロン会員、記事購入者に送付します。詳細は以下の記事から。
[解説と設問を発表]ファッション産業と環境保護【SDGs英語ニュースについて議論する】第28回 8/20(土)10時@オンライン|Global Agenda|note
Did you enjoy this issue?
Become a member for $9 per month
Don’t miss out on the other issues by Global Agenda
 Global Agenda

ニュースレター【英語で学ぶ現代社会】はGlobal Agendaが運営するイベント・英語ワークショップの案内(無料)及び解説と設問(有料:発展編)を加えた記事を配信しています。主要な英語メディアで発表される現代社会のターニングポイントになるような重要なニュース記事・論説文を理解するための手助けとしてご利用ください。購読は無料です(無料記事が届きます)。

また、有料ニュースレターの購読会員(メンバー)はワークショップの解説&設問記事を毎回受取れる他、月1回、ワークショップやイベントに割引価格でご参加いただけます。有料版の会費は月9ドルです。無料会員は今まで通り、通常記事は無料で閲覧できます。過去記事はこのサイト・トップページからご確認ください。(https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe)

Global Agendaは神戸を拠点にグローバル社会で必要な政策・市場調査、コンサルティング、教育研修に特化したサービスを提供しています。また、政治経済・社会問題、ESG、グローバル経営、文化・教育等について英文記事&資料を利用した英語ワークショップ&異業種交流会、アカデミック・ライティング講座を主宰しています。

You can manage your subscription here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Global Agenda 〒650-0011 神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9F