View profile

パキスタンの洪水「国土の3分の1が水没」【SDGs英語ニュースについて議論する】第31回 9/17(土)10時@オンライン

【英語で学ぶ現代社会】
パキスタンの洪水「国土の3分の1が水没」【SDGs英語ニュースについて議論する】第31回 9/17(土)10時@オンライン
By Global Agenda • Issue #244 • View online
グローバルな場で必要な英語力て何?「SDGsの現状」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。
SDGs英語ニュースについて議論する」ワークショップ第31回9/17土)10時@オンラインで開催します。今回はテキスト「VOAで聞き読みSDGs英語ニュース入門」には含まれていませんが「国連 : 壊滅的な水害はパキスタンにとってこの数十年で最大の試練である」について議論します。記事はVOAの「UN: Devastating Floods ‘Biggest Challenge’ for Pakistan in Decades」を利用します。この記事はSDGsの目標13気候変動に具体的な対策を」に対応しています。また記事はWebで読むことができますので、書籍を持っていない方もぜひ、ご参加ください。以下新ワークショップの案内です。

ワークショップ第31回パキスタンの洪水「国土の3分の1が水没」のご案内
「SDGs英語ニュースについて議論する」は今後のビジネス・社会の動向、国際関係を知るためには必須の内容です。今回のテーマはSDGsの13番目の目標「気候変動に具体的な対策を」です。
目標13 気候変動に具体的な対策を “気候変動から地球を守るために、今すぐ行動を起こそう”
13.気候変動に具体的な対策を | SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
パキスタンの洪水で、既に国土の3分の1が水没、3300万人が被災したそうです。原因は人類が恐れている地球温暖化の最大のリスク、氷河の融解です。パキスタンの気候変動相、シェリー・レーマン氏は以下のようにコメントしています。
「ご存じかと思いますが、氷河が解けています。(一国でできる)対策は何もありません。通常、高温になった夏に氷河湖決壊洪水が起きますが、今年は通常よりも3倍も起きています」
【パキスタン大洪水】街中に鉄砲水 気候変動相「氷河解け…何も対策ない」[2022/08/31 18:58]
日本でも無理な開発のために、過去に何度か土砂災害が起こっていますが(2021年の熱海の土石流災害はそのひとつ)、パキスタンのケースも気候変動以外に、脆弱なインフラや無謀な開発がありそうです。
パキスタン洪水 被害拡大の原因に…多発する「山津波」の脅威[2022/09/03 23:30]
今回はこの気候変動による大規模災害とその対策について英語で議論します。このワークショップの詳細は以下の通りです。
日時: 2022年9月17日(土)10時~11時30分 
場所: オンライン 
定員: 10名程度まで
費用: 初回または見学のみ: 800円~
教材は以下のHPでご確認ください。SDGsの各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。
UN: Devastating Floods ‘Biggest Challenge’ for Pakistan in Decades
UN: Devastating Floods 'Biggest Challenge' for Pakistan in Decades
チケット
チケットは以下のYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。
パキスタンの洪水「国土の3分の1が水没」【SDGs英語ニュースについて議論する】第31回 9/17(土)10時@オンライン
パキスタン:洪水で国土の3分の1が水没【SDGs英語ニュースについて議論する】第31回 9/17(土)10時@オンライン - パスマーケット
また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。
グローバル・アジェンダ|神戸・大阪|問い合わせ |
その他詳細は以下の記事/マガジンからご確認ください。
パキスタンの洪水「国土の3分の1が水没」【SDGs英語ニュースについて議論する】第31回 9/17(土)10時@オンライン|Global Agenda|note
「SDGs英語ニュースについて議論する」|Global Agenda|note
Japan Update 2022 by ANU
オーストラリア国立大学(ANU)が主催する以下のオンライン学会があります。参加費は無料。
Wednesday 07 September 2022
9.30AM–4.30PM
Japan Update 2022 | Crawford School of Public Policy
THE JAPANESE ECONOMY KEYNOTE SPEECH (9.40-10.10)
• MASAAKI SHIRAKAWA, FORMER GOVERNOR OF THE BANK OF JAPAN
• CHAIR: BRUCE MILLER AO, FORMER AUSTRALIAN AMBASSADOR TO JAPAN
PANEL: JAPAN AND THE GLOBAL ECONOMY (10:45 - 12PM AEST)
HOW IS JAPAN NAVIGATING AN UNCERTAIN GLOBAL ECONOMY AND MANAGING ITS OWN INFLATION AND DEMOGRAPHIC TRANSITION? THIS PANEL WILL DISCUSS THE TRENDS IN THE JAPANESE ECONOMY AND THE PRIORITIES AND PROSPECTS FOR REFORM.
PANELISTS
• MASAAKI SHIRAKAWA, FORMER GOVERNOR OF THE BANK OF JAPAN
• NORIYUKI YANAGAWA, PROFESSOR OF ECONOMICS, THE UNIVERSITY OF TOKYO
• CHAIR: JENNIFER HEWETT, AUSTRALIAN FINANCIAL REVIEW
JAPANESE SOCIETY KEYNOTE (1:30 - 2PM AEST)
• SAWAKO SHIRAHASE, PROFESSOR OF SOCIOLOGY, THE UNIVERSITY OF TOKYO.
PANEL: JAPANESE SOCIETY POST-COVID (2 - 3PM AEST)
JAPAN WAS ONE OF THE MOST SUCCESSFUL COUNTRIES IN MANAGING THE HEALTH AND ECONOMIC RESPONSE TO COVID-19 WITHOUT LOCKDOWNS, BUT THE SOCIAL COSTS HAVE BEEN HIGH WITH THE PANDEMIC EXPOSED AND EXACERBATED SOME OF JAPAN’S SOCIAL PROBLEMS.
PANELISTS
• SAWAKO SHIRAHASE, PROFESSOR OF SOCIOLOGY, THE UNIVERSITY OF TOKYO.
• HIROSHI ONO, PROFESSOR OF HUMAN RESOURCE MANAGEMENT, HITOTSUBASHI UNIVERSITY BUSINESS SCHOOL
• CAROL HAYES, PROFESSOR OF JAPANESE LANGUAGE AND STUDIES, THE AUSTRALIAN NATIONAL UNIVERSITY
• CHAIR: LAUREN RICHARDSON, THE AUSTRALIAN NATIONAL UNIVERSITY
PANEL: JAPAN’S STRATEGIC CHOICES (3.30- 5PM AEST)
JAPAN FACES DIFFICULT STRATEGIC CHOICES IN RESPONSE TO THE RETURN OF GREAT POWER POLITICS AND WAR IN EUROPE. WILL PRIME MINISTER KISHIDA CONTINUE FORMER PRIME MINISTER ABE’S FOREIGN POLICY LEGACY?
PANELISTS
• YOSHIHIDE SOEYA, EMERITUS PROFESSOR OF POLITICAL SCIENCE, KEIO UNIVERSITY
• IWAMA YOKO, PROFESSOR OF INTERNATIONAL RELATIONS, NATIONAL GRADUATE INSTITUTE FOR POLICY STUDIES (GRIPS)
• RYO SAHASHI, ASSOCIATE PROFESSOR OF ADVANCED STUDIES ON ASIA, UNIVERSITY OF TOKYO
• EVELYN GOH, PROFESSOR OF SECURITY AND INTERNATIONAL RELATIONS OF THE ASIA-PACIFIC, THE AUSTRALIAN NATIONAL UNIVERSITY
• CHAIR: LAUREN RICHARDSON, THE AUSTRALIAN NATIONAL UNIVERSITY
Did you enjoy this issue?
Become a member for $9 per month
Don’t miss out on the other issues by Global Agenda
 Global Agenda

ニュースレター【英語で学ぶ現代社会】はGlobal Agendaが運営するイベント・英語ワークショップの案内(無料)及び解説と設問(有料:発展編)を加えた記事を配信しています。主要な英語メディアで発表される現代社会のターニングポイントになるような重要なニュース記事・論説文を理解するための手助けとしてご利用ください。購読は無料です(無料記事が届きます)。

また、有料ニュースレターの購読会員(メンバー)はワークショップの解説&設問記事を毎回受取れる他、月1回、ワークショップやイベントに割引価格でご参加いただけます。有料版の会費は月9ドルです。無料会員は今まで通り、通常記事は無料で閲覧できます。過去記事はこのサイト・トップページからご確認ください。(https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe)

Global Agendaは神戸を拠点にグローバル社会で必要な政策・市場調査、コンサルティング、教育研修に特化したサービスを提供しています。また、政治経済・社会問題、ESG、グローバル経営、文化・教育等について英文記事&資料を利用した英語ワークショップ&異業種交流会、アカデミック・ライティング講座を主宰しています。

You can manage your subscription here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Global Agenda 〒650-0011 神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9F