View profile

2040年に今の4倍の移民が必要になる「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第7回 10/10(祝・月)20時@オンライン

【英語で学ぶ現代社会】
2040年に今の4倍の移民が必要になる「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第7回 10/10(祝・月)20時@オンライン
By Global Agenda • Issue #254 • View online
新企画「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」のワークショップ第7回「新移民社会日本:2040年に今の4倍の移民が必要になる」10/10(祝・月)20時@オンラインで開催します。このワークショップの解説と設問は明日発表します。以下新ワークショップの案内です。

「新・日本の論点」第7回ワークショップ「2040年に今の4倍の移民が必要になる」のご案内
新・日本の論点」は外国人と一緒に仕事をする機会のある方、留学予定の方には必修の内容だと思います。多くの日本人は初めて海外で暮らした時、或いは取引先や同僚の外国人から、これら日本の諸問題に関して英語での説明をしばしば求められるからです。この教材の英語はそれほど難解ではありませんが、深く社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。
このワークショップの第7回を 10/10(祝・月)20時からオンラインで開催します。今回は国際協力機構(JICA)今年発表した「日本の少子高齢社会と外国人材の必要性」についての報告書から読み取れる日本における移民政策の重要性と現実とのギャップについて英語で議論します。
外国人材、2040年に「今の4倍必要に」 JICAなどが初の試算:朝日新聞デジタル
外国人材、2040年に「今の4倍必要に」 JICAなどが初の試算:朝日新聞デジタル
2030/40年の外国人との共生社会の実現に向けた調査研究- 暫定報告 -
今回のワークショップで使う資料はThe Diplomatの記事「Japan’s Self-Destructive Immigration Policy」と書籍内の「移民が求められている: Immigrnats Needed」に関する記事を利用します。
「新・日本の論点」内の記事は書籍を購入しないと読めないのですが、今回は以下のリンクのWeb記事を主に利用しますので、書籍を未購入の方も、ぜひご参加ください。設問は参加予定者及びオンライン・サロン会員に送付します。
今後の予定としては月2回、年間24本の書籍内エッセイ+関連記事を2年かけでグループで議論し、これらの日本が抱える社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが現在主宰しているフォーマットを利用します。
Japan’s Self-Destructive Immigration Policy
”Criminalizing asylum seekers and stigmatizing immigration is only worsening Japan’s demographic crisis.”
Japan’s Self-Destructive Immigration Policy – The Diplomat
日時: 2022年10月10日(祝・月)20:00~21:30
場所: オンライン
費用: 初回参加者&見学 800円~ チケット・サイトでご確認ください。
チケット
チケットは以下のサイトから申し込み、または銀行振り込みでお願いいたします。
2040年に今の4倍の移民が必要になる「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第7回 10/10(祝・月)20時@オンライン
2040年に今の4倍の移民が必要になる「新・日本の論点」第7回 10/10(祝・月)20時@オンライン - パスマーケット
また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。
グローバル・アジェンダ|神戸・大阪|問い合わせ |
その他詳細は以・下の記事・マガジンでご確認ください。
2040年に今の4倍の移民が必要になる「新・日本の論点:Japan Today and How It Got This Way」第7回 10/10(祝・月)20時@オンライン|Global Agenda|note
新・日本の論点:Japan Today …|Global Agenda|note
Did you enjoy this issue?
Become a member for $9 per month
Don’t miss out on the other issues by Global Agenda
 Global Agenda

ニュースレター【英語で学ぶ現代社会】はGlobal Agendaが運営するイベント・英語ワークショップの案内(無料)及び解説と設問(有料:発展編)を加えた記事を配信しています。主要な英語メディアで発表される現代社会のターニングポイントになるような重要なニュース記事・論説文を理解するための手助けとしてご利用ください。購読は無料です(無料記事が届きます)。

また、有料ニュースレターの購読会員(メンバー)はワークショップの解説&設問記事を毎回受取れる他、月1回、ワークショップやイベントに割引価格でご参加いただけます。有料版の会費は月9ドルです。無料会員は今まで通り、通常記事は無料で閲覧できます。過去記事はこのサイト・トップページからご確認ください。(https://www.getrevue.co/profile/GlobalAgendaKobe)

Global Agendaは神戸を拠点にグローバル社会で必要な政策・市場調査、コンサルティング、教育研修に特化したサービスを提供しています。また、政治経済・社会問題、ESG、グローバル経営、文化・教育等について英文記事&資料を利用した英語ワークショップ&異業種交流会、アカデミック・ライティング講座を主宰しています。

You can manage your subscription here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue
Global Agenda 〒650-0011 神戸市中央区下山手通2-13-3 建創ビル9F