View profile

週刊アルゴランド・ジャパン - Vol.56(2022年5月26日発行)

週刊アルゴランド・ジャパン
週刊アルゴランド・ジャパン
米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週木曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。

【目次】
1.注目ニュース
(1)ナイジェリア、Developing Africa GroupおよびKoibanxと提携し、Algorand上で主要なクリプト・イニシアチブとしてIP Exchange MarketplaceおよびWalletを立ち上げへ
(2)Data History Museum、世界初のNFTを活用した震災遺構のコレクションを開始し、ミュージアムを再構築
(3)第3期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスの投票措置について
2.助成金/資金提供ニュース
(1)デジタルIDスタートアップのFlexID、アルゴランド財団から資金提供
3.パートナー・ニュース
(1)AlgoDAOの$ADAOトークンIDOが完了
(2)アルゴランドのエコシステム・マップ最新版 by House of Chimera
4.イベント案内
(1)5月度Community All Hands開催
(2)AVMワールドツアー開始
(3)ジャパン・アクセラレータ
(4)アルゴランド・ジャパン・コミュニティー・オフ会
5.開発者向け情報
6.注目コンテンツ
ーーー
【はじめに】
先日、財団CEOのステイシーがインタビューで「アルゴランドという惑星の経済を拡大させるには、①言語を広める、②マルチチェーン化(相互流動性の拡大、State Proofs技術の普及)、③EVM互換性の実現、という3点を挙げていました。
①の言語を広めるというのは、アルゴランドで開発を行うためのプログラミング言語のことですが、高度な機能をできるだけシンプルにしたものになっています。この普及のためには独学でも習得可能なようにオンラインでの教育コンテンツ提供とともに、オンライン/オフラインの両方で学習者をサポートする環境が必要です。日本では7月より開始するアクセラレータのステージ1で日本語での教育プログラムを提供しますが、このコンテンツはオンラインで誰でも視聴可能になる予定です。
②のマルチチェーン化は、シルビオ・ミカリ教授も常に言われているように「勝者全取りではなく、いくつかのLayer1プラットフォームがそれぞれの強みを活かしながら共存していく」という世界観になります。もちろんそれぞれが「隔絶」されていたのでは非効率ですので、クロスチェーン・ソリューションは必須で、かつ、それが安全に行われる必要があります。そこにアルゴランドがまもなく導入するState Proofsがゲームチェンジャーとなってくるのですが、この技術をアルゴランドで独占するのではなくアライアンスを組んで他のチェーンにもオープンにしていきます。「競争は常にベターで、そして何より楽しい」というミカリ教授の言葉に沿った展開となります。
そして③のEVM互換性ですが、これはアルゴランド独自の「AVM(Algorand Virtual Machine)」でもEVMで構築されたアプリケーションが安全に動作するようになるもので、すでにイーサリアムやEVM互換チェーン上で人気のあるアプリがどんどんアルゴランドへとやってくる世界観になります。この実現も業界分布図を大きく書き換えるものになりそうです。
誤解を承知で言ってしまうと、他チェーンからアルゴランドへの移行とは、ガラケーからスマホへの移行と同じくらいのインパクトがあります。技術は常に進化しています。ミカリ教授は「ネアンデルタール人からホモ・サピエンスへの進化」という比喩を使っていましたが、進化に目をつぶっていると時間とお金を無駄にすることにしかなりません。分散化を軽視する人にいたってはWeb2.0脳からまったく脱却できていないということになります。常に謙虚に学び、進化していくことを忘れないようにしましょう。
★注意喚起★
詐欺が急増中です。誰が情報を流しているのかをよく確認しましょう。情報の真偽の確認を公式テレグラムや各プロジェクトの公式アカウントなどで怠らないようにしてください。プロジェクトがまだトークンを発行もしていないのに、Dexにそれっぽいトークンがあったり、なぜかIDOが行われたりするケースも散見されます。
またウォレットを接続するのは信頼できるサイトだけにとどめてください。事前にしっかりとリサーチしましょう。
1.注目ニュース
(1)ナイジェリア、Developing Africa GroupおよびKoibanxと提携し、Algorand上で主要なクリプト・イニシアチブとしてIP Exchange MarketplaceおよびWalletを立ち上げへ
ナイジェリア政府はDeveloping Africa Groupと3年間のIPR(知的財産権)独占契約を結び、国内で作成・登録されているすべてのIP形態の国際商業化を可能にする国家規模のウォレットを立ち上げることを決定しました。この知的財産権独占契約は、政府が、地域のソフトウェア開発企業であるDeveloping Africa Groupに、国民があらゆる形態の知的財産権をアップロードして海外で取引、販売、交換し、そのロイヤルティと収益をウォレットで回収できるような国の公式プラットフォームを構築することを認めるというものです。
今回の合意により、商標、特許、あらゆる形態の著作権(楽曲、歌詞、ビデオ、ショー、レクチャー、ポッドキャスト、あらゆる形態のストリーミング可能なコンテンツなど)が含まれます。
Developing Africa Groupは、同国で利用されるトークン化および決済エンジンとしてKoibanxを、プラットフォームを構築するプロトコルとしてAlgorandブロックチェーンを政府の承認のもと選択しています。Koibanxは、ラテンアメリカの資産トークン化およびブロックチェーン金融インフラのリーディング・カンパニーで、ウォレットの実装、販売されるIPのトークン、クリエイターに支払うステーブル・トークン(ナイラに相当)を担当し、さらに世界トップレベルのカード発行会社、コンテンツ・ストリーミングのプラットフォーム、法律事務所やデータ・マイニングなどのトップベンダーとの技術統合を行います(これらはすべてローンチまでに発表予定です)。
(2)Data History Museum、世界初のNFTを活用した震災遺構のコレクションを開始し、ミュージアムを再構築
MakerXベンチャーのData History Museumは、ハワイでのマグニチュード4.67地震をマークした世界初の検証可能な本物のデジタル歴史的遺物を含むGenesis Collectionをオークションで1,050 Algoで競売し、収益の50%は科学研究、50%は災害救済に寄付されました。
Data History Museumは、すべての主要な歴史的出来事について、その都度NFT遺物を作成するために作られました。例えば、最初の実装では、世界中で発生したすべての大地震のNFTが作成されます。米国地質調査所のオープンAPIのデータを活用した自動化により、各地震のNFT鋳造は自動的かつ瞬時に行われ、マグニチュード、深度、現場の経度・緯度など、そのイベントに関連する重要なメタデータも含まれています。
これまで歴史的な遺物というのは、人為的に再現できないデータを抽出することで、そのオリジナル性や歴史的な意味を証明することができる物理的な物体でした。この検証可能なユニークさ、つまり非偽造性という品質が、本物の歴史的遺物であることを証明する要素の一つです。
(3)第3期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスの投票措置について
アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス最新情報: 来るアルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第3期の投票セッションで、ガバナーはAlgorandのDeFi参加者に統治権と報酬を付与するよう求められます。また、エキスパート・ガバナー(xGov)層を通じて、コミュニティの提案をガバナンスの投票に持ち込むメカニズムに関する財団の計画を承認するよう求められます。投票する施策は以下の通りです。
投票1:DeFiの参加者をガバナンスに参加させる
投票2:XGovの最初のステップ:施策の提案とアップボーティング
アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第3期の投票期間は、2022年6月1日から6月15日(11:59:59 SGT)です。
2.助成金/資金提供ニュース
アルゴランド財団ではこれまでの全方位・小規模の助成金プログラムから、少数で注力分野を絞った、より大規模かつパートナー提携型の資金提供モデルへと移行しました。現在のところ、以下が注力分野となっており、それぞれに専門スタッフがつく形になりました。
<垂直型ファンディング>
DeFi、NFT、ゲーム、サステナビリティ(インパクト、インクルージョン)
<SupaGrant>
ブリッジ、オラクル、EVM互換、開発ツール
(1)デジタルIDスタートアップのFlexID、アルゴランド財団から資金提供
2022年5月25日 - シンガポールに拠点を置くブロックチェーン・スタートアップのFlexID Technologies(旧FlexFinTx)は、同社のSelf Sovereign Identity(SSI)プラットフォームをさらに開発・拡大するために、アルゴランド財団とSAFE(株式に関する簡易協定)を締結しました。このスタートアップは、10億人以上が正式な身分証明書を持たないとされる新興市場において、分散型デジタルIDネットワークを利用できるようにすることを目的としています。
アルゴランド財団からの資金提供は、FlexIDをグローバルな金融包摂に必要な触媒として認識したインパクト部門に該当するものとして実行されるものです。今回の資金調達は、ジンバブエのスタートアップのエコシステムにとって初めてのことです。これはFlexIDチームが2020年に受賞したアルゴランド財団開発者賞に続くものです。
ジンバブエの連続技術起業家であるVictor Mapungaが設立したFlexIDは、身分証明書を持たない人々を排除する銀行システムに対する創業者の不満から生まれました。Mapungaは、アフリカに4億人以上いる身分証明書を持たない人々と同じように、面倒な書類作成や身分証明書の必要性から銀行口座を開くことができなかったのです。
「IDは現代の商業活動の基礎となるものです。IDがなければ、基本的な通信サービスやモバイルマネー、銀行へのアクセスなど、最も基本的なレベルでさえ経済に参加することができません」と、FlexIDのCEOであるMapungaは嘆いています。
また、「IDがなければ、教育や医療にアクセスすることは非常に困難です。一方、国家記録の不備は、ビジネスを行う上でのコストをさらに増大させます。FlexIDを使えば、インフォーマル・セクターでさえ、孤立した見方から正式な経済活動へと移行することができます。農家は簡単にクレジットや投入資材にアクセスできるのです」。
3.パートナー・ニュース
アルゴランドのエコシステムは急速に拡大しており、とてもすべてを追うことは不可能になってきていますが、ここでは主なニュースや紹介記事を取り上げています。
*各プロジェクトを網羅するディレクトリはこちら。
(1)AlgoDAOの$ADAOトークンIDOが完了
2022年5月24日 - AlgoDAOの$ADAOトークンのIDOが完了しました。
$ADAOのIDOは、インキュベーターでありAlgorandのWeb3とDeFiエコシステムのための最初のローンチパッドであるAlgoDAOにおける初のIDOです。ひどい弱気市場、つまりセンチメントがどん底にあるときにIDOを試みることは、明確な目的と使命に基づいたコミットメントが必要です。
IDOの成功は、不利な市場環境にもかかわらず、AlgorandのWeb3とDeFiのエコシステムに対するコミュニティの深い要望を確認するものです。
AlgoDAOコミュニティからの素晴らしいサポートについて補足すると、この24時間に世界中から何千人ものユーザーがIDOの販売ページを訪れました。オーストラリア、ドイツ、イタリア、日本、オランダ、ナイジェリア、ロシア、トルコ、イギリスからの参加者が最も活発でした。
(2)アルゴランドのエコシステム・マップ最新版 by House of Chimera
4.イベント案内
Algorand Foundation May Community All Hands (May 24th, 2022)
Algorand Foundation May Community All Hands (May 24th, 2022)
(1)5月度Community All Hands開催
5月22日、就任以来初めて財団CEOステイシーを迎えてのアルゴランド・コミュニティ総会Community All Handsが開催されました。
トピックは、コミュニティ・ガバナンスにおける投票セッションの変更、新しい施策、既存の助成金プログラムの閉鎖、新たな資金提供におけるバーティカル・ストラテジー(DeFi、NFT、ゲーミング、サステナビリティ)、デベロッパー・ファンド、そして今後のイベントなど多岐にわたりました。
(2)Algorand、AVMワールドツアーを開始
AlgorandはAVMのワールドツアーを開始します。最初の訪問地は、6月8日のテキサス州オースティンです。AVM Austinは、世界のクリプト産業と、起業家、投資家、開発者、業界関係者の豪華なラインアップを集め、比類のないネットワーキングの機会を創出します。
Algorandは、ローンチ以来ダウンタイムがなく、高度でありながら使いやすいツールを提供しており、NFT、決済ソリューション、規制対象のデジタル資産、新しい経済モデル、DeFiサービスを立ち上げる何百もの組織に選ばれるブロックチェーン技術となっています。
オースティンでのイベント詳細
そしてアジアでは9月末にシンガポールで開催予定です。
ジャパンからも数チームを招待予定です。お楽しみに!
(3)ジャパン・アクセラレータ
Algorand Japan Acceleratorは、米国MIT発ブロックチェーンAlgorandによる日本初のアクセラレータ・プログラム。
東京を拠点にクロスボーダーで多様なブロックチェーン・プロジェクトを育成し、Web3時代に日本からAlgorandを使用した世界に通用するブロックチェーン・スタートアップの輩出を目指します。
(4)アルゴランド・ジャパン・コミュニティー・オフ会
5月29日(日)17:00〜20:00、芝浦のタワマン29階パーティールームにて、ジャパン・コミュニティ初のオフ会を開催します。
詳細はテレグラムかDiscordでご確認ください。
5.開発者向け
まもなく日本語でのアルゴランド技術カリキュラムの提供が始まります。「教育」⇒「ハッカソン」⇒「アクセラレータ」という一連の開発者向けプログラムがいよいよ始まります。
また上記イベント欄に記載のとおり、AVMワールドツアーが開始されており、アジアでは9月末にシンガポールで開催予定です。
ここには日本からも数チームを招待予定で、基本的にはジャパン・アクセラレータ参加チームの中から選出予定です。
Build the future on Algorand
6.注目コンテンツ
アルゴランドの歩き方(アルゴランドチェーンの歩き方) by aper
コンテンツ・リンク集
アルゴランド•ジャパン
*アルゴランド・ジャパンは日本向けにアルゴランドの情報を配信するサイトです。当メルマガは、2019年12月よりアルゴランド日本担当アンバサダーとなり、2021年4月からはコミュニティ・チャンピオンに就任しているakio(Twitter: @AkioAlgorand)による責任監修のもとで配信しています。
*各種お問い合わせはサイト上のフォームよりお願いします。
*一般的な質問などはテレグラムで行って情報共有を促進しましょう。
<バックナンバー>
本メルマガのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
【英語公式サイトはこちら】
Algorand Inc. : https://www.algorand.com
Algorand Foundation : https://algorand.foundation
Algorand Developer Portal : https://developer.algorand.org
Did you enjoy this issue? Yes No
週刊アルゴランド・ジャパン
週刊アルゴランド・ジャパン @AkioAlgorand

アルゴランド最新情報を毎週お届けします。

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Created with Revue by Twitter.